マウスピース矯正 目立たない矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正

歯並びを治したいけれど矯正装置がどうしても嫌で・・・という患者さまに最適な矯正治療、それがマウスピース矯正です。

現在、吉本歯科医院で最も多い大人の方の矯正治療の方法です。

「矯正のワイヤーをつけずに矯正する方法はないのでしょうか?」という、患者さまからのご要望は昔から数多くありました。

クリアアライナーとは、ブラケットやワイヤーを使わない、透明なラミネートで製作されたマウスピース型の、最新の見えない矯正装置です。透明なので装着していても外見上ほとんど分りません。特に食事時に取り外せるなど、患者様にとって大きなメリットをもたらしています。製作過程にコンピューターを使用して製作される、正確でかつ画期的な矯正装置です。

従来の目立つ矯正装置がネックとなって治療に踏み切れなかった患者さんにとっては朗報といえるでしょう。

この「クリアアライナー」は、透明のマウスピースにより矯正治療を行い、従来の治療概念を根本から変えることになりました。

厚さ1ミリ程度の透明なプラスチックでできたマウスピースが、早く・痛みもなく・美しい歯並びを実現できます。

クリアアライナー

実際のクリアアライナー従来の矯正はブラケットを使用しておりましたが、クリアアライナーで治療すると目立たないため、矯正治療していることに気がつかれません。

またクリアアライナーは矯正における後戻りのフォローアップに大変効果的です。

ニッケル等の金属アレルギーで治療を断念されていた方にもおすすめです。またセラミックの人工歯が入っていてブラケットが付けられなかった方にもお勧めです。従来は一時的に仮の歯に置き換える必要がありました。クリアアライナーでは、目立たないということだけではなく、個々の患者さまにあった矯正歯科治療(カウンセリングを含めて)を行ってまいります。マウスピース矯正のみの治療は成長発育段階のお子様には適応できません。

「咬み合わせ」専門の吉本歯科医院の矯正治療と
一般的な歯科医院での矯正治療の違い

歯科の治療といえば、悪い部分だけを治す、または美しく見せる、ということがあまりにも最終目的とされているように思います。

矯正治療にしても、しかり、です。

しかし、咬み合わせは体全体のバランスを取る要となっていると言っても過言ではありません。

虫歯の治療でたった1本の歯をほんの数ミリ削る行為ひとつにしても咬み合わせは狂っていることがあります。

また矯正治療の際に歯を動かす位置をほんの数ミリずらされただけで簡単に咬み合わせは狂っていきます。

咬み合わせの悪さひとつで、体のバランスは面白いほど崩れていきます。

また咬み合わせのバランスを正常に戻すだけでまっすぐ歩けなかった人がまっすぐに歩けたりもするのです。

そういった意味で、私たち歯科医師は、お口の中で起こっていることを通して患者さまの体全体を「診る」といった視点が絶対に必要です。

吉本歯科医院では虫歯治療、矯正治療、審美歯科治療、インプラント治療、顎関節症の治療などあらゆる治療にこの考え方が基本としてあります。

歯の「咬み合わせ」というと、上と下の歯の当たり具合と思っていらっしゃる方も多くいらっしゃいます。

また、歯科医師ですらそのように理解している先生も多くいらっしゃいます。

しかし「良い咬み合わせ」とはお口を開けて頂き、表面上の歯だけを診察しても判断が付かないものなのです。

歯の咬み合わせというのは、実は顎の状態から考えなくてはなりません。

下顎というのは、頭蓋骨に対して固定されることなくぶら下がっているものです。

体の動きに対して体の重心を整えるための「振り子」のような役目をします。

下アゴは体の中で左右に渡ってぶら下がっている唯一の器官です。

つまりここがおかしいと全身のバランスを崩してしまう、ということが起こります。

下アゴがおかしいと全身のバランスを崩してしまう

「良い咬み合わせ」とは簡単に言いますと、顎の関節のいい状態で上下の歯がキチンと咬み合い、また前後左右に下の顎を動かした時に、顎関節に無理な力がかかることなくスムーズに動ける状態のことを言います。

つまり下顎がちょうど「振り子」のようにスムーズに動けるようになってることが必要です。

吉本歯科医院では、こういったことを常に治療の基本にし、吉本歯科医院で行なう矯正治療クリアアライナーを含め治療の全てを「良い咬み合わせ」を考慮しながら治療計画をたてております。

そうすることで、歯並びが悪い部分だけを単純に矯正して、無理矢理歯を並べるのではなく、その矯正した歯が将来的崩れずにもつようにするために、また、不具合なくきちんと咬めるように咬みあわせのバランスを調整しながら治療を進めます。

クリアアライナーがテレビでも紹介されました

Get FLASHPLAYER ※画像が表示されない場合は、
最新版のMacromedia Flash Playerが必要です。

メリット

  1. プレートの材質が、厚さ1ミリていどで薄く、見えにくいので、より審美的な方法である。
  2. プレートの材質が、軟性と硬性の2種類あるので、矯正力が優しく痛みがでにくい。
  3. 新しいプレートを作る際に、その時点での歯の型をとるので、より正確に歯を動かすことができる。
  4. 装置の製作までの時間が短い。(従来のインビザラインでは製作期間が約2ヶ月ほどかかるが、クリアアライナーでは約3週間ほどである。)
  5. 矯正治療中に、歯の形態を変化させる虫歯などの治療も可能。

デメリット

  1. 新しいプレートの作製に毎回歯型をとる必要がある。
  2. 取り外すことができるため、自己管理が必要。原則的に食事や歯みがき以外は使用する必要がある。
  3. 十分な効果が現れていない場合、新しい装置に切り替えることができない。

クリアアライナーのシステムは、精密な歯の移動を手軽に確実に行なうことを可能にしました。

クリアアライナーの作製手順の例

1. Aligner Aid Programを利用するため模型上に基準線を描く

1. Aligner Aid Programを利用するため模型上に基準線を描く

2. デジタルカメラで撮影し、Aligner Aid Programに取り込む

2. デジタルカメラで撮影し、Aligner Aid Programに取り込む

3. 模型上で歯を分割する

3. 模型上で歯を分割する

4. 歯を移動、仮固定しデジタルカメラで撮影する

4. 歯を移動、仮固定しデジタルカメラで撮影する

5. Aligner Aid Program上で移動前後の写真を重ね合わせ、移動量などの可否をチェックする

5. Aligner Aid Program上で移動前後の写真を重ね合わせ、移動量などの可否をチェックする

6. 移動量が適切であれば、セットアップ模型を完成させる

6. 移動量が適切であれば、セットアップ模型を完成させる

7. ラミネートを圧接成型し、2種類の厚さのクリアアライナーを作製する

8. 一回の移動量は1ミリ程度とし、定期的に調整したり、新しいクリアアライナーを順次使用する

8. 一回の移動量は1ミリ程度とし、定期的に調整したり、新しいクリアアライナーを順次使用する

クリアアライナーは、患者さんの要望に答えた画期的な矯正装置です。

クリアライナー症例

クリアアライナーによる空隙閉鎖

クリアアライナーによる空隙閉鎖

クリアアライナーによる歯列の拡大と
ローテーション・コントロール

クリアアライナーによる歯列の拡大とローテーション・コントロール

クリアアライナーの適応例

1. 矯正装置として

  1. 非抜歯矯正の最終段階での整列
  2. ローテーション・コントロール
  3. 拡大ならびに縮小
  4. 圧下ならびに挺出
  5. 空隙閉鎖
  6. 後戻り症例

2. 保定装置として

  1. パッシブ・リテーナー
  2. アクティブ・リテーナー

3. その他の適応例

  1. ブリーチング・トレー
  2. その他の利用

抜歯症例や前歯部のトルクが必要な場合は適応されないことがあります。

マウスピース矯正についてご関心のある方、また、ご自分の歯の状態がマウスピース矯正に適応されるのかどうかご相談の方、お気軽にお問い合わせ下さい。

2008年2月に東京で開催された「クリアアライナー」の国際協議会発足記念講演会に出席してきました。今回は開発者である金先生だけでなく、世界各国より10名の先生方が症例を提示され、クリアアライナーの可能性が紹介されました。

クリアアライナーはマウスピース型矯正装置として日本では最新の矯正治療装置として評価されていますが、1998年にKim先生に開発され、十分な実績と評価を得ている矯正装置です。ご安心して治療をお受け下さい。

マウスピース矯正(クリアアライナー)についてよくあるご質問

Q:どんな歯並びでもマウスピース矯正で治療できますか?

A:数ミリ程度の軽度の改善に有効な治療ですので、歯並びが悪い場合にはマウスピース矯正のみでの治療は適応できない可能性があります。まずは一度、診断をお受けになり、どのような咬合改善の治療があるのか矯正検査をお受けいただきドクターにご相談下さい。

Q:マウスピース矯正は子供でも可能ですか?

A:マウスピース矯正のみの治療は成長発育段階のお子様には適応できない場合が多いです。

お口の中の状態、骨の状態を実際に診させて頂いてからの診断となります。

Q:費用はどのくらい必要ですか?

A:費用は上下合わせて総額105万円(税込み)です。

上のみ、下のみの場合は52万5千円(税込み)です。

矯正治療の前に矯正検査が必要です。

矯正検査費用は21,000円(税込)です。

クリアアライナー国際協議会 発足記念講演会

クリアアライナー国際協議会 発足記念講演会

マウスピース矯正治療の患者様の声声

金昌淑様から

金昌淑様

十代の頃からやりたかった歯科矯正。でもワイヤーを付けて何年も過ごす事を考えたら、なかなか踏み出せずにいました。

今回、前歯のさし歯を入れ替えるにあたり、何か良い方法はないものかと、インターネットで口コミの良い歯医者さんを探していて見つけたのが吉本歯科医院さんでした。

初めのカウンセリングで、様々な治療法のメリット・デメリットを詳しく教えて下さり、自分の希望に一番近かったクリアアライナーの治療法に決めました。

この治療法は、本人の頑張り次第ですよ、と言われたので、食事の時以外は、なるべくクリアアライナーをはめていました。

大変でしたが、慣れてくると、付けた事を忘れる位でしたし、何より、矯正器具を付けている事に気付かれないのは良かったです。

吉本先生をはじめ、受付の方、スタッフの方、いつもニコニコと感じが良く、おかげで通うのも全く苦ではありませんでした。

矯正終了時にバラの花束をいただき、大変嬉しかったです。

1年間、本当にありがとうございました。これからも宜しくお願いします^^

松本桂子様から

松本桂子様から

松本桂子様

前歯のすき間がどんどん開き、とても気になっていた矢先、次男の結婚が決まり、思い切って治療しようと決心しました。

友人に紹介してもらい『吉本歯科医院』を訪ねました。

十分な説明を受け、マウスピース矯正にしましたが「ほんまにこんなに開いた歯がひっつくんやろか?」と半信半疑のまま治療に入りました。

第一印象が「こんな歯医者さん見たことないわ!」でした。

院長先生はじめスタッフの皆様全体笑顔で明るいし、いつも声をかけてくれるので心も身体もリラックスしています。

矯正の方は見事に(ビックリするくらい)きれいになり、技術の進歩に脱帽です。

結婚式に間に合わせて頂き最後にお花までいただきありがとうございました。

これからも末長くお付き合いお願いします。

歯は本当に大切だということもよくわかりました。

匿名希望様から

匿名希望様

一年間大変お世話になりました。

歯の正中線が気になって仕方なく矯正で何とか治らないかと、インターネットで調べてたどり着いたのが吉本歯科医院でした。

初回の電話の応対からカウンセリング、アットホームな院長先生のもと、何の不安もなく、そして無痛治療からクリアアライナーという最新の治療が無事に終わり完璧な仕上がりに大変満足しており一生お世話になるだろう皆様に出逢えた事、本当に幸せに思っております。

今後も歯の悩みを抱えていらっしゃる大勢の方の救世主であって頂きたいと思います。

最終日の拍手と花束には胸がいっぱいになりました。

吉本歯科医院の素敵な皆様、本当にありがとうございました。

匿名希望様から

無料メール相談・お問い合わせフォーム

※必須項目を必ずご記入ください。

■お名前 ※必須
■性別 ※必須 女性 男性
■年齢
■ご住所
※資料をご希望される方は、ご記入ください。
■メールアドレス
※必須
■電話番号
※必須
■お問い合せ内容
※必須
歯でお悩みのことについてのご相談
採用に関するお問い合わせ
当院の診療内容に関するお問い合わせ
当院への見学に関するお問い合わせ(歯科医院様向け)
その他お問い合わせ
■吉本歯科医院のWEBサイトを知ったきっかけをお教えください 検索エンジン(ヤフー・グーグル)
ご友人・ご親族からのご紹介
雑誌などを見て
その他

お問合せ

吉本歯科医院
〒761-0113 香川県高松市屋島西町 1968-9
TEL 087-818-1118 FAX 087-818-1181
診療科目:噛み合わせ専門 歯科治療
インプラント治療・審美歯科
診療時間:9:15〜18:00 (日・祝日はお休み)
http://www.8181118.com/ e-mail:info@8181118.com


医療法人社団 吉翔会 吉本歯科医院

歯科医師募集

オールオンフォー

吉本歯科医院の治療の特徴

院長ブログ

マネージャーブログ


院長ブログ

マネージャーブログ


院長ブログ