削らない治療 接着ブリッジ

接着ブリッジ〜歯を削らない歯冠修復法

ご自分の歯をできるだけ抜きたくない、また歯をこれ以上削りたくないといと思われていらっしゃる方、ご相談下さい。私が患者さまにもっともお伝えしたい技術のひとつがこの「接着ブリッジ」です。

削る量が少なければ,将来抜かずに治療でき,抜歯になる時期を大幅に遅らせることができ,よく噛めて元気に生活することができます。

通法だと50歳で抜かなければならなくなる歯の寿命を70歳ぐらいにまで延命させることができます。

歯は一度削ってしまえば元には戻りません。最初の治療が肝心なのです。

接着ブリッジで治療した部位がダメになっても,治療するのに十分な歯が残っています。10年以上かけて何回かやり直ししたとしても,ようやく通法の削除量になります。その分高齢になっても歯の根っこが残ることになります。

つまり取り外し式の違和感の大きい入れ歯ではなく,カブセでシッカリ噛める為には土台となる歯を残す必要があるのです。

最初の治療で通法を選択してしまうと,歯が抜け落ちるのも時間の問題になります。

「咬み合わせ」専門の吉本歯科医院の接着ブリッジと
一般的な歯科医院での接着ブリッジの違い

歯科の治療といえば、悪い部分だけを治す、または美しく見せる、ということがあまりにも最終目的とされているように思います。

接着ブリッジ治療にしても、しかり、です。

しかし、咬み合わせは体全体のバランスを取る要となっていると言っても過言ではありません。

虫歯の治療でたった1本の歯をほんの数ミリ削る行為ひとつにしても咬み合わせは狂っていることがあります。

また矯正治療の際に歯を動かす位置をほんの数ミリずらされただけで簡単に咬み合わせは狂っていきます。

咬み合わせの悪さひとつで、体のバランスは面白いほど崩れていきます。

また咬み合わせのバランスを正常に戻すだけでまっすぐ歩けなかった人がまっすぐに歩けたりもするのです。

そういった意味で、私たち歯科医師は、お口の中で起こっていることを通して患者さまの体全体を「診る」といった視点が絶対に必要です。

吉本歯科医院では虫歯治療、矯正治療、審美歯科治療、インプラント治療、顎関節症の治療などあらゆる治療にこの考え方が基本としてあります。

歯の「咬み合わせ」というと、上と下の歯の当たり具合と思っていらっしゃる方も多くいらっしゃいます。

また、歯科医師ですらそのように理解している先生も多くいらっしゃいます。

しかし「良い咬み合わせ」とはお口を開けて頂き、表面上の歯だけを診察しても判断が付かないものなのです。

歯の咬み合わせというのは、実は顎の状態から考えなくてはなりません。

下顎というのは、頭蓋骨に対して固定されることなくぶら下がっているものです。

体の動きに対して体の重心を整えるための「振り子」のような役目をします。

下アゴは体の中で左右に渡ってぶら下がっている唯一の器官です。

つまりここがおかしいと全身のバランスを崩してしまう、ということが起こります。

下アゴがおかしいと全身のバランスを崩してしまう

「良い咬み合わせ」とは簡単に言いますと、顎の関節のいい状態で上下の歯がキチンと咬み合い、また前後左右に下の顎を動かした時に、顎関節に無理な力がかかることなくスムーズに動ける状態のことを言います。

つまり下顎がちょうど「振り子」のようにスムーズに動けるようになってることが必要です。

吉本歯科医院では、こういったことを常に治療の基本にし、吉本歯科医院で行なう虫歯治療を含め治療の全てを「良い咬み合わせ」を考慮しながら治療計画をたてております。

そうすることで、虫歯になった悪い部分だけを単純に「虫歯を削って詰めて」ではなく、治療した歯が将来また虫歯にならないように、また被せたものが故障しないために、また、不具合なくきちんと咬めるように咬みあわせのバランスを調整しながら治療を進めます。

また、吉本歯科医院での全ての歯科治療は、「ばい菌を二度と同じ部分に入り込ませない、また絶対に残さない」ことを徹底して行い、特殊な接着技術でかぶせ物や詰め物をしております。

吉本歯科医院の特殊技術「接着」とは

接着ブリッジ

歯の削る量がとても少なくてすむ歯冠修復法

接着ブリッジ

接着ブリッジ

接着ブリッジでは歯を削る量が髪の毛1本分で通法の1/10程度で十分です

通法

通法

通法では隣在歯を大胆に全面全周にわたって削り,金属で被いかぶせるようになります。

咬む面や側面にご自身の歯を残せます

咬む面や側面にご自身の歯を残せますので違和感ありません。噛み合わせの高さも変わりません。

咬む面を金属で被いかぶせる

咬む面を金属で被いかぶせるので多少なりとも噛み合わせが異なります。

特殊な硬質金合金を使用することで,金属厚みを薄くしても歪みで外れたり折れたりしにくくなります。これにより削らないといけない歯の量を減らし,むし歯にもなりにくくなります。

通常は隣在歯を大胆に全面全周にわたって削り,金属で被いかぶせるようになります。

歯を削る量は使用する金属量に比例して必要です。硬質金合金を使用することで,十分な強度を持って使用する金属量を大幅に減らすことができます。

当院の接着ブリッジは、高度先進医療に指定されている、岡山大学方式を採用しています。(自由診療)

無料メール相談・お問い合わせフォーム

※必須項目を必ずご記入ください。

■お名前 ※必須
■性別 ※必須 女性 男性
■年齢
■ご住所
※資料をご希望される方は、ご記入ください。
■メールアドレス
※必須
■電話番号
※必須
■お問い合せ内容
※必須
歯でお悩みのことについてのご相談
採用に関するお問い合わせ
当院の診療内容に関するお問い合わせ
当院への見学に関するお問い合わせ(歯科医院様向け)
その他お問い合わせ
■吉本歯科医院のWEBサイトを知ったきっかけをお教えください 検索エンジン(ヤフー・グーグル)
ご友人・ご親族からのご紹介
雑誌などを見て
その他

お問合せ

吉本歯科医院
〒761-0113 香川県高松市屋島西町 1968-9
TEL 087-818-1118 FAX 087-818-1181
診療科目:噛み合わせ専門 歯科治療
インプラント治療・審美歯科
診療時間:9:15〜18:00 (日・祝日はお休み)
http://www.8181118.com/ e-mail:info@8181118.com


医療法人社団 吉翔会 吉本歯科医院

歯科医師募集

オールオンフォー

吉本歯科医院の治療の特徴

院長ブログ

マネージャーブログ


院長ブログ

マネージャーブログ


院長ブログ